任意売却の手続き・流れ

税金や住宅ローンを滞納し続けると、債権者(各金融機関や抵当権者)は裁判所に「競売の申立て」を行います。
さらにそのまま放置し、滞納が続くと、「競売」へと進んで行きます。

そこで、【任意売却の手続き・流れ】をご説明する前に、税金や住宅ローンを滞納し続けるとどうなるか?
「税金・住宅ローン等の滞納」から「競売」への流れをご確認ください。

競売への流れ

競売への流れ・図

株式会社トータルサポートへご相談

少しでも早いご相談で、「競売」を回避するだけでなく、お客様の状況に応じた最適な解決方法をご提案できます!

株式会社トータルサポートでは弁護士・司法書士・任意売却専門の不動産会社が連携し総合的にサポートいたします。

相談無料・24時間対応・年中無休

本社:045-341-3555
相談センター:045-828-2555

メール相談・面談予約・資料請求はコチラ

 ページの先頭に戻る

任意売却への流れ

  1. 電話・メールにてご相談
  2. 面談(専任媒介契約・業務委託契約)
  3. ご自宅の査定・現地調査
  4. 債権者との話し合い

    ※金額交渉→販売活動→報告を何度か繰り返します。購入者が決まった後も、抵当権抹消・差押えの取下げ・配分表の作成について、債権者との交渉が必要になります。

  5. 新生活のスタート

1

電話・メールにてご相談

下記のような状況の時は、まず、株式会社トータルサポートにご相談ください!

  • ・税金の滞納で差押えを受けた!
  • ・住宅ローンの支払いが苦しく、滞納し始めている
  • ・競売にかけられてしまった!
  • ・督促状・催告書・その他決定通知書などが届いた!

経験豊富な任意売却専門スタッフが、24時間365日、いつでもご相談を受付けております。
まずはお電話ください!

2

面談:専任媒介契約・業務委託契約

お客様のご都合の良い日時・場所にて、お打合せさせていただきます。
ご相談内容を詳しくお伺いし、専任媒介契約を結んでいただきます。 (費用は一切かかりません!)

これは、お客様のご所有不動産の販売と、債権者との交渉を行うための契約です。 「任意売却に関する申出書」など、債権者への提出書類にもご記入いただきます。

3

ご自宅の査定・現地調査

お客様の住宅ローンの返済状況や、その他借入等の状況、物件の調査を行います。
周辺の市場価格を調査し、実際に現地に伺い、物件の査定を行います。
査定に基づき販売価格を設定し、債権者との交渉に移ります。

4

債権者との交渉

  • ・査定に基づき販売価格を提示し、債権者との交渉で販売価格が決まります。
  • ・販売活動を開始します!
  • ・定期的に債権者へ報告し、価格の見直しなどの交渉を行います。
  • ・購入希望者を見つけます。
  • ・購入希望者が見つかったら、販売価格の交渉等を行います。
  • ・すべての債権者と交渉の上、抵当権の解除・差押えの取下げ交渉を行います。
  • ・上記と並行して、お客様の引越し先をお探しします(ご要望に応じて)。
  • ・残債務に関する支払い額、税金、その他滞納金などの支払いについて交渉します。

5

契約・決済・引渡し

  • ・配分表を作成し、債権者の同意を得たら、契約できます。
  • ・決済日について債権者へ報告、当日は債権者が同席することもあります。
  • ・仲介手数料や引越費用などの清算を行い、完了となります!

新しい生活のスタートです!

以上が一般的な「任意売却の流れ」です。 しかし、お客様の事情により多種多様なケースがあり、その効果的な方法もさまざまです。 私どもはお客様と入念な話し合いを行い、お客様にとって最良の方法を提案し対処して参ります。 ご相談は無料ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

株式会社トータルサポートでは弁護士・司法書士・任意売却専門の不動産会社が連携し総合的にサポートいたします。

相談無料・24時間対応・年中無休

本社:045-341-3555
相談センター:045-828-2555

メール相談・面談予約・資料請求はコチラ

 ページの先頭に戻る